この刺激、大丈夫?Physicians Formula:プランプポーション

以前記事にしたPhysician’s Formula, Inc., アイブースター、まつげ用コンディショニングセラム付き極細リキッドアイライナー、ディープブラウン、0.016液量オンス (0.5 ml)(記事はこちら)でおなじみPhysicians Formula社のリップグロスです。
考えてみると、普段リップクリームすら塗っていない私。
もう少しどうにかした方が良かろうと以前セールの際に購入してみました。

Physicians Formula, プランプポーション、ピンクローズポーション、0.1 オンス(3 g)
筆はこんな感じ。
グロス自体が硬めなので塗りやすくはないです。

写真がいまいちでショッキングピンクのように見えますがこんなに濃い色ではないパールピンクです。

iherbの商品ページを見ると

  • 注射せずに唇をふっくらさせるカクテル
  • 優れた即効性。わずか60秒。
  • 低刺激性
  • 無香料
  • 皮膚科医承認
  • 刺激がなく優しい処方
  • ツヤが長持ち

3倍の効果

  1. 瞬時にふっくらさせる効果
  2. 瞬時に保湿してなめらかに
  3. 続けて使うことで、より若々しく、ふっくらすべすべの唇に

注射なしで、わずか60秒でこの成果!

痛い注入術もつらい刺激成分もなく、わずか60秒でふっくらぷっくりした唇を手に入れましょう!続けて使えば、徐々に若々しくなめらかな唇に導きます。即効性に優れ、長時間効果が持続するプランプポーションで、目に見える成果を実感できます。ぜひ、ご自身でお確かめください!

当社秘伝のカクテルレシピ 刺激のない成分のユニークなハイテクカクテル配合で、唇の印象、輪郭、大きさ、色を変化させて、よりふっくらとみずみずしくセクシーな口元にします。

  • 無水ヒアルロン酸微粒子 – バリアを作って水分を閉じ込め、瞬く間に唇の表面を整えて潤いを取り戻します。
  • インスタプランプ PF – 特許成分の独占ブレンドが、鮮やかで官能的な唇に見せてくれます。
  • 活性トリペプチドブレンド – 天然コラーゲンの生成を促進することで知られるこのブレンドが、唇を長時間ふっくら保ちます。日常的に使うことで、唇が柔らかくなり、小ジワが目立たなくなり、なめらかで若々しい印象をもたらします。

美容と科学の融合 プランプポーションは、効果が長持ちするよう贅沢に着色され、ベタつかず、つけ心地抜群の超グロッシーなツヤを演出します。この有効なポーションは、理想の唇をお選びいただけるよう、ついつい欲しくなる魅力的なカラーバリエーションでお届けします。高精度のリップブラシで、常に完璧な仕上がりです。

と言う記入がありました。
唇の縦じわをふっくらさせることについて考えてみたこともありませんでした!
言われてみれば、唇も皮膚と同様年をとるとシワが増えてくるわけですね。
そう言えば海外のセレブが唇にヒアルロン酸を注入してふっくらさせたとか、日本でもモデルの〇〇理沙さんが唇いじり過ぎて唇おばけと呼ばれているとか聞いたことがあるなー。
元々私は口が大きくて唇も厚く、コンプレックスの一つなので、「唇をふっくらさせたい!」と言う希望はありませんが、あまり何も考えず買ってしまったので、とりあえず使ってみました。

唇に塗ろうと筆を寄せると、バニラの香り。
甘ったるくてあまり好みではないなー。
でも塗っている間中気になる程強い香りではないです。
色味はそんなに強くなく、少し血色がよくなる程度。
塗ってみると前述した通り硬めのリップグロスで、長持ちしそう。
少しスーッとします。
そしてここでびっくり!!!!!
唇がビリビリする!
な、何これ??
痛くて我慢できないと言うほどではないですが、化粧品でこんなの初めてだし、日本の商品でこの使用感だったら、苦情の電話がかかってくるんじゃ?と言う位刺激的。
数分時間が経つとビリビリマックス!
特に上唇の痺れが凄い。
その後数分したらやっとビリビリ感はなくなりました。

商品レビューを色々読んでみるとこの刺激には賛否両論あるようです。
刺激のあるリップグロスではディオールのリップマキシマイザーが有名で、人気商品との事。
そちらは原料にトウガラシ果実エキスが入っていてピリピリするようですが、こちらは何でこの刺激が出てくるのだろうか?
上記で引用した文章中に書かれている成分以外は

成分その他

フレーバー、メントール、ニコチン酸メチル、ナイアシン、パルミトイルオリゴペプチド、プロピレンカーボネート、リシノール酸プロピレングリコール、クォータニウム-90ベントナイト、シリカジメチル(ヒドロキシエチルセルロース)、ポリビニルピロリドン、ポリビニルピロリドン、シリル酸塩、ヒアルロン酸ナトリウム、イソステアリン酸ソルビタン、トリベヘニン、BHT、プロピルパラベン。酸化鉄、鉱油、パルミチン酸、レッド6、レッド7レーキ、酸化スズ、シリカ、イエロー5。

との事。
どれがふっくら効果をもたらしているのか・・・。
調べてみると、このふっくらさせることを「プランプ効果」と言うらしく、流行っているみたいですね(遅い?)?
女性を美しくするために、色々なことを考える人がいるのだなーと感心しました。
改めて美容は女性にとって永遠のテーマなのだなーと。

そしてビリビリも消えて暫くしてから唇に意識を集中すると「?!ん?」リップクリームを塗った時とは違う潤い感。そう!これがふっくら、ぷっくり感なのですね!
確かにぷっくりしています!
これは凄いと鏡を見てみると、確かにふっくらしている。
縦じわが減っています。
これは凄い。

しかし!!!

どうも私には刺激が強過ぎたようで、口の輪郭のあたりが赤く腫れている。
これは驚きました。
荒れに荒れた唇と言う印象の輪郭です。
使うか使わないかは、唇の縦じわを取るか輪郭を取るかと言う問題になってしまいました。
いくらふっくらしてもこれじゃあ使えないなと思っていると、段々腫れが引いてきた?
その後10分位して全部とは言えませんが、赤味もほとんど無くなりました。
以前の記事で紹介したLife Flo Health, レチノールA 1% アドバンスド・リバイタリゼーションクリーム 1.7 oz (50 ml)(記事はこちら)でもその刺激に驚きましたが、使っているうちに慣れたようで、皮剥けすることも全く無くなったので、こちらもそう言うことあるかも?とちょこちょこ使っています。
今の所慣れた様子はありませんが・・・。

確かにぷっくり感を体感できる商品です。
刺激を体験したい!唇をぷっくりさせたい!と言う方にはいいと思います。
お手頃価格ですしねー。

コメント