ビタミンCについて改めて考える

こちらが毎日飲んでいるビタミンC。
California Gold Nutrition, ゴールドC, ビタミンC、1,000 mg、ベジキャップ240錠

iherbのハウスブランドCalifornia Gold Nutritionの商品です。
コラーゲンを飲むならビタミンCも一緒に飲むと効果的だし「ビタミンCは大事!」とのぼんやりとした思考で飲んでいますが、最近は「ビタミンCを大量に摂取すると風邪を引かない」や「ビタミンCを大量に摂取すると癌予防になるor癌治療にも効果的」と言う驚きの噂もよく耳にする様になったので、これを機にビタミンCについて調べてみました。

まずビタミンとは何なのか?
人は食物から3大栄養素(タンパク質、脂質、糖質)を摂取し、その栄養素を使って身体を構築したり、エネルギーを作り出しています。
ビタミンはこの様な体内で起こる化学反応を手助けしています。
ビタミンは体内ではつくられないか、作られてもごく微量であるため、食物などから経口摂取必至なわけです。
ビタミンが直接体を構築するわけではありませんが、ビタミン不足は体の構築を、延いては生命維持をも脅かすことになってしまうのです。
怖いですねー。

そのビタミンの一種であるビタミンCは皮膚、血管、骨などを構成しているタンパク質の一つで、肌を構成する栄養素であるコラーゲンの合成に必要な成分です。
コラーゲンは細胞と細胞をくっつける役割も担っています。
なのでコラーゲンを飲む際はビタミンCと一緒に摂ると有効なわけですね。
年齢を重ねると自然に減ってしまうコラーゲンを補えば肌の生成がスムーズに行われ元気になると言うことです。

コラーゲンとの関係性は理解できました。
風邪や癌とビタミンCの関係は?

血液中の白血球やリンパ球はビタミンCを多く含んでいます。
白血球やリンパ球は体の中に細菌が入ってくると戦い、自らもウイルスに攻撃をしかけ体を守ります。
抵抗力が高まれば、風邪をひきにくくなり、自然に治る力が強まると言うわけです。
また、肉や魚のタンパク質が胃で消化される際にできるアミンという物質は、食品添加物である亜硝酸と一緒に摂取すると胃の中で発ガン性物質ニトロソアミンが生成されます。
ニトロソアミンは胃以外にも体のいたるところで合成されてしまいます。ビタミンCには、このニトロソアミンの合成を食い止める働きがあることが確かめられているのです!!
また、ビタミンCは前述したようにコラーゲンの合成にも不可欠で、コラーゲンの合成が促進されると細胞同士が緊密に結びつき強化されがん細胞に対抗するため、がん細胞の増殖を抑える効果があると考えられているそうです!
これには驚きました。
ちょうど最近食品添加物である亜硝酸が気になっていて、子供達が大好きで毎日食べているソーセージに発色剤として含まれているので、ソーセージを手作りに変えたところでした!
突如思い付いてビタミンCについて調べてみましたが、ここに辿り着くとは。
最近危惧していた事の対処法が一つ見つかった気がします。
子供達には毎日みかんなどフルーツを食べさせていますが、次iherbに注文する時、ずっと気になっていたこちらを頼もうと思います。

GummiKing, 子供向ビタミンC, ナチュラルオレンジフレーバー, グミ 60 個

米国では多くの人が大腸がん予防のためにビタミンCを1日1000~2000mg摂取しているそうです。

子供を出産するまでは、食品添加物について考えたこともありませんでした。
しかし、小さな小さな赤ちゃんを抱いて、「この子は私が守らねば!!」と母性本能が湧いてくると、「この小さな体が私みたいに大きくなるまで、体を作っていく食べ物は私が責任を持たなければ!」と柄にもなく思うようになりました。
全てを排除するのは難しいですが、私の出来る範囲で知識をつけ、実践していきたいと思います。

そうそう、最近手作りしていると言うソーセージ、皮なしであの「パキッ」と言う美味しさはありませんが、家族に大好評で簡単に作れるので近日中にレシピアップしたいと思います!

コメント