天丼 吉祥寺 金子屋

日本橋の行列が絶えない人気店「天丼 金子半之助」の吉祥寺支店。
こちらも行列必死の人気店です。

吉祥寺北口から徒歩5分、東急デパートを過ぎた辺りにあります。
東急デパートの辺りまで来るともう心踊る良い匂いが。。
少し前まで一階は家系ラーメン屋さんでしたが、1階も金子屋になってました。
人気ですからねぇ。

1階:天ぷらめし
2階:天丼
との事です。
さて、1階店舗の左にある細長ーい階段を登ると金子屋の扉。
上から階下を撮影。

去年の夏はこの細長い階段に汗をカキカキ並びましたが、今年は何と!!

エアコンが付いておりました!
並ぶのが少し楽になりましたよ!!
階段を登り扉を開くと、香ばしいごま油の香りが食欲を呼び覚まします。
お店自体は18席のこじんまりしたお店です。

メニューはこちら↓

今回は一番お安い梅と味噌椀をお願いしました。

そして間も無く来たのがこちら!
まず味噌椀


具はシンプルに三つ葉と小さい賽の目に切った絹ごし豆腐。
カツオの香りが強く、天丼の油をさっとリセットしてくれる、きりりとした江戸前の味。
そして主役登場!


海老、烏賊と小柱のかき揚げ、海苔、ししとう、舞茸、半熟玉子を豪快に盛り付けた、見た目にもボリューム満点な『江戸前天丼』。
これで880円!安い!て○やで540円払ってる場合じゃないよ!
高温で揚げたサクサクの食感が「流石に天ぷら屋さん!」と言いたくなる逸品。
食べ進めるうちに、突然出会う柚子の香りに江戸前職人の心意気を感じます。
最近は人気ですがこちらが元祖かな?
半熟卵の天ぷら

とろりと流れた黄身をご飯に絡めて頬張れば、もう幸せってものです!
他にも机に置かれたガリごぼうや沢庵は食べ放題。


どちらも天丼を美味しく食べるのに一役買ってくれます。
それ自体もとても美味しいので、行くとまずこのお二方をこれでもかと食べてしまうんですが、、。
忘れちゃならないのが京都祇園 原了郭の黒七味。

どんぶりも中盤になって来たら、こちらをパラリ。
程よい辛味と香りが満足仕掛けた食欲をグッと戻してくれます。

お茶も個性的で、席に着くと黒豆がふた粒入った湯飲みが置かれていて、自分で机の上のポットから黒豆茶を注ぐシステム。
この黒豆茶が香ばしくてまた美味しいんですよねぇ。暑い日にも関わらず、ぐびぐび飲んでしまいました。

大食いの私ですが、味噌椀と天丼梅合わせて1000円と言うお値段で、満腹満足になることができました。
こちらのお店は年末年始を除く不定休で、営業時間は11:00~22:00ですが、ランチに行くなら12時前がオススメです。12時を越えると会社員の方々でしょうか?で混んで並びますので。11時台なら並んでもすぐ入れることが多いです。
元々天丼が大好き!と言うわけではないですが、そんな私でさえ一月に一度は食べたくなっちゃうんですよね。このサクサク天丼。
次は一階の天ぷら飯を試してみたいなー!

金子屋 吉祥寺店 (カネコヤ)
電話番号:0422-20-4008
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-17 2F
交通手段:吉祥寺駅北口から徒歩5分・吉祥寺駅から311m
営業時間:11:0022:00(L.O.21:30)
定休日:年末年始を除く不定休

コメント