我が家の美形黒猫

今日はこちら

にゃんこ。
我が家一番の美形、にゃんこ、メス、9歳。
今から9年前のある日、仕事帰りに道に落ちているのを夫が発見。
「爆発したみたいな黒猫居たよ。小さい奴」と。
我が家は二人とも猫好き。
しかし私は過去に4匹猫を飼った事があり、内2匹の最後を一人で看取ったことから、動物を飼うことが怖くて出来なくなっていました。
命が消える瞬間を一人で経験したことから、悲しみと恐怖とでトラウマに。
特に私が大学生だった頃看取った猫は、私が幼稚園の時に拾った子で、ずっと可愛くて可愛くて大好きだった優しい子だったので、失った後の悲しみはちょっと受け止められず、20年以上たった今も心が痛みます。
そんな状況だったので、夫から話を聞いた時はかなり構えてしまいました。
「爆発したみたいに毛が長くて広がってて、ニャーニャー言って近づいてきて目がクリクリで可愛かった。黒くて。お腹すいてるみたいだった」と。
かなり構えましたが、「お腹が空いてるみたいだった」と言うのと「黒くて」と言うのが引っかかり。。
特に「黒くて」と言うのが気になって。
何故なら私は過去に5回猫を拾った事があるのですが、内4匹が黒猫!
なので黒猫と言うだけで運命を感じてしまったのです。
夫から話を聞いて2時間程悩みましたが、やはり気になってご飯を持って夫と共に見に行くと、まだそこに!
しかしまだ決心がつかず、外で伸び伸びしてる子を家に閉じ込めるのはどうなのか?ちゃんと責任持って最後まで面倒見れるのか?などなどぐるぐると考えフリーズ。
業を煮やした夫が「もう連れて帰るよ!」と抱っこしだしたので、「ちょっと待って!」と友人に電話。
その友人は家に居ついてしまった野良猫が家の押入れで出産した際、親猫も子猫も全て面倒を見た友人で、全ての子猫の信頼できる行き先を探し、その後は親猫を家族として迎えて飼っている友人でした。
その彼は「その子腹減ってんだろ。お前んとこ行けばご飯も食べられるし、あったかいし、その子幸せだよ」と。
その言葉に勇気をもらって飼うことを決心!そして今に至ります。

来たばかりの頃の写真。まだそんなに毛が長くない。

こちらも来て間も無くの頃。
若々しい。
目がクリクリでふわふわでシッポも立派でシュッとしてて、間違いなく我が家一番の美形。

今はもっと立派になりました。

もふもふ具合が増しました。
特に今は生え変わりの時期で毛が凄いです。
長毛種は抜け毛が半端ない!
掃除が大変だけど、手触り最高!!

枕やクッションの下が大好きでしょっちゅう潜ってます。

気付かず上に頭を載せてしまう事もしばしば。

あ!思い出に浸って肝心なことを書くのを忘れていました。
先日夫が見つけて来た記事がこちら↓
『猫の平均寿命を30歳に』世界初!猫の腎臓病特効薬とは?
猫の寿命が30歳に!?!?!?!
私、毎日「35歳までは最低でも生きなきゃダメだよ」とこの子の耳元で囁いているのですが(確かギネスの猫最高齢が34歳なので)、それも夢じゃなくなるかも!!
猫好きの皆さんにもお知らせしたい!
この研究をこれから見守っていきたいと思います。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX長毛種猫へ
にほんブログ村

コメント