糖質制限レシピ:使える!基本のみじん切り白滝

2年前の夏は今より5kg程痩せていました。
産後太りのピークに、一念発起して糖質制限。
糖質制限は白米大好きな私にとって辛い面もありましたが、基本は大好きな白滝を麺に見立てて調理し、糖質制限では食べてオッケーなお肉を沢山入れて食べれたので(野菜も沢山)成功出来ました。
しかし、いくら白滝が好きだったとは言え、毎日毎日食べているうちに、だんだん嫌になってしまい、とうとう見たくない!と言う状態に!
その辺りから段々と糖質制限を忘れがちになり、リバウンドどころか、私史上最高重量を打ち立てる事になってしまったのです。
このブログでも何回か、糖質制限目的で買った商品を紹介したような気がしますが続かずで。。。

やっぱり私は無理出来ない性格。
白滝ばかりの生活にはもう戻れない!
しかしこのままいくと、健康を害する日は近い。
そして、痩せれば間違いなくもう少し美しくなれるはず!!

と言う事で、以前程ストイックでは無い糖質制限を重い腰を上げて開始する事に。
前回の経験から、私の場合、朝は前の日のおかずの残り(大抵野菜)となんちゃって完全無血コーヒーを飲むと、お昼まで持つのでそれで良いのですが、お昼に炭水化物を取ってしまうと、全然体重が落ちないことがわかりました。
夜ご飯は家族の分も作るので、バランスの良い食材で品数もそこそこ用意するため、ご飯粒を食べなくても満足できて糖質オフ出来るのですが、お昼は自分の分だけなので炭水化物オンリー、どーん!と言うメニューになる事が多く、副菜の野菜なども無い事がほとんど。
ここで白滝麺を使えば肉や野菜を沢山入れた麺料理で済むのですが、今は白滝麺食べたく無い!
と言う事で、そう言う時にはみじん切りにすべし!!
こちらのみじん切り白滝、糖質制限を始めたらまず作っておくととっても便利。
麺状の白滝は楽で良いのですが、もうあまり食べたくないのでみじん切りで対応。
みじん切りした白滝は色々な料理に混ぜても隠れ上手で全然存在を感じない!
もちろん白米にも!
お昼の炭水化物オンリーなメニューも、丼物にみじん切り白滝混ぜ混ぜご飯を使えば🆗👍
存在は感じないのにグッとかさが増し、水分で膨張するのでとにかく腹持ちが良い!
作っておくととても心強い存在です。

みじん切り白滝の作り方

作り方は簡単!
軽く水洗いした後、フードプロセッサーでお好みの大きさにガーッと(包丁で叩いても可)。
我が家の場合、15秒程ガーッとやれば丁度お米と混ぜても分からなくなる大きさに。

こちらをフライパンで油を引かずに空炒り。

水分が飛んでパラパラになったら完成。
空炒りする事で白滝独特の臭みが消え、何にでも混ぜる事ができます。
私はタッパーに入れて保存しています。
お徳用パックの白滝が大体2〜3日でなくなります。

白米に混ぜる場合は、炊く時に一緒に入れてしまうのが楽ですが、そうすると、家族全員強制糖質制限になってしまいますし、後日温め直して食べると白滝がやせ細っていてあまり満腹感が得られない気がするので(気のせいかも知れない)、私は食べる前に一食分のご飯と白滝2:1位の割合で入れて混ぜて食べています。ご飯が少なくてもかなり満足感が得られます。

このみじん切り白滝は本当に便利で、例えば糖質制限時には完全にアウトな炊き込みご飯やお好み焼きに入れると大分糖質を抑える事ができます。
肉団子やハンバーグに入れるとこれまた物凄いかさ増しパワーを発揮します。
その要領で色々な料理に混ぜれば糖質オフ間違い無し。
かなりゆるゆる糖質制限ですが、これから夏に向けて目標ー4キロ(出来たら5キロ)でやってみようと思います!

   

✳️ブログランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しー!

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

コメント