スーパーフード・モリンガパウダーとの出会いでコレステロール値がA判定に!飲んだ感想と飲み方をご紹介

近年名前を聞く事が多くなったモリンガ。
私はちょうど7年前に沖縄・石垣島のカフェで存在を知りました。
栄養価が驚くほど高いと言う記載がメニューにあったので興味が湧き、石垣の農協で生のモリンガを購入し帰宅。
しかしその頃はまだインターネットで調べても情報はあまりなく、食べ方もよくわかりませんでした。
とりあえず茹でてお浸しにしてみましたが、何だか繊維質で食べ辛く。。。
その時は、意地になって小鉢一杯くらいお浸しを食べましたが、食べたからといって何か変化がある訳でもなく、そのまま記憶の奥底へ。

しかし、数年前ネットショッピング中にパウダー状になったモリンガと再会。
丁度第二子出産後で、食品添加物や収束のニュースが流れてこない原発事故に寄る放射能汚染などが新たに気になりだした頃で、有害な物質を摂取する事を避けるのは勿論ですが、摂取してしまった際にデトックスする力も高めたいと思っていた時期でした。
色々調べてみると、モリンガはデトックス作用に優れている事がわかり試してみる事にしました。

モリンガとは?

モリンガはもともとフィリピンの庶民の食材で、スープの具材として日常的に食べられて来ました。和名「西洋ワサビ」と呼ばれる北インドのヒマラヤ山麓、亜熱帯地域が原産の植物で別名、奇跡の木、生命の木、薬箱の木、地球上でもっとも栄養価の高い植物とも呼ばれ、90以上の栄養素と46の抗酸化物質を含み人間に必要な栄養素をほぼ網羅していて、300以上の効果効能が確認されているとか。
その豊富な栄養素の一部を見てみると

 ポリフェノール   赤ワインの約8倍
 ギャバ 発芽玄米の30~50倍
 カルシウム 牛乳の約16倍
 鉄分 ほうれん草の約30倍
 食物繊維 レタスの約28倍
 ビタミンA 人参の約4倍
 アミノ酸 米酢の約97倍

その豊富な栄養素に加え、干ばつに強く、成長も早いことから2007年11月には、国連世界食糧計画(WFP=食糧が不足している国や天災などの被災国に対して緊急援助を行っている国連の機関)で採用され、その後多くの国際機関により栄養失調対策に活用されています。
モリンガは「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」2種類の食物繊維が1:2と言う理想のバランスで含まれており、「水溶性食物繊維」が腸内での消化吸収を緩やかにすることで、血糖値の上昇を抑え、乳酸菌・ビフィズス菌など善玉菌のエサとなり、悪玉菌を減らして腸内環境を整えてくれます。
そして「不溶性食物繊維」が水を吸収して膨らむことで腸壁を掃除しながら、食べカスも有害物質も排出してデトックス効果を高めてくれる
と言う訳です。
また、ポリフェノールやクロロフィルも多く含んでいるため抗酸化作用も高く、老化防止・アンチエイジングにも有用なことからスーパーフードとして海外のセレブやモデルなどの間で話題になっているようです。

飲んでみた感想

こちらが購入したモリンガパウダー。

中身は細かいパウダー状のモリンガです。

抹茶か、青汁かと言うビジュアル。
この袋、ジップロックのような作りになっていますが閉まりにくい!!
少し前にデザインが新しくなったので、チャックも閉まりやすくなったかなと期待しましたが、改善は確認できず。むしろ全く閉まらなくなっていました。
なので私は開封したらすぐジプロックに移して保存しています。
まずティースプーン1杯を豆乳に混ぜてシェイクして飲んでみました。

不味い。とにかく不味い。

もう全然不味いです。レビューを見ると美味しいと言っている方もいたので好みだと思うのですが、全然ダメです。受け付けない。
「苦い!」と言う訳ではなく、西洋わさびと言うだけあって「ピリッとする抹茶」と言う感じですが、苦手な風味で本当に不味いです。
ある時シェイク足らずだったらしくかなり大きな塊が残っていて、知らずに飲んだらもう大変。
喉にピタッと塊がくっついて、咳き込んだ瞬間弾けてパウダーがびっしり喉にくっついてしまいました。
西洋わさびの個性を生かして来て、辛味が喉に痛い!苦しい!!
どうしたら良いかわからずもんどり打って泣きました。

私には効いた!モリンガの効果とは?

こんなに受け付けないモリンガパウダーですが、、、もう5袋目消費中です。

理由はズバリ!凄い効くから!!

これからのお話は少々汚いお話になるのでお食事中の方、苦手な方は読み進まないようお願いいたします。
ストレートに言って、出ます。兎に角○ん○が沢山出ます。
元々便秘で困ると言うことは無いのですが、それでも出る。もう凄い出る。しかも水のような、、、。飲んですぐは水のようですが、段々と落ち着いてくると言う感じでしょうか。
でも、飲むと1日何回もトイレに駆け込まなければならず、夜寝る前に飲んだら夜中の2時に駆け込み作業と言う事態に。私の場合、一回飲むとその症状が2、3日続くことが多い。こう書くと「本当にそれいいの??」と言う感じですが、なんて言うのかな、この隅々まで掃除されたような爽快感!辞められない!
2種類の食物繊維たちが私の腸内でも仕事に励んでくれているのが伺えます。
しかも、歳を取るにつれ、着々と肥満の道を歩んでいますが、食べ過ぎたなと言う日にモリンガを飲むと体重が増えない(限度がありますが)
基本毎日食べ過ぎなので痩せるまで行きませんが、それでも十分な効果です。
そして、モリンガを飲むようになって一番ビックリしたのがこちら!

去年の年末に受けた人間ドックの結果です。
私は12年程前から毎年会社の健康診断か人間ドックを受けて血液検査をして来ましたが、ここ5、6年ほどずっと中性脂肪や悪玉コレステロール=LDLコレステロール値で経過観察が出ていました。平たく言えば中年太り。。
2年前に糖質制限ダイエットで6キロの減量に成功しましたが、その時ですらコレステロールの判定はC判定で経過観察でした。
しかし!去年の結果はまさかのA判定!!!
自分でも予想外の結果で驚きました。
なぜなら相変わらず中年太りですし、ここ5、6年の結果を覆す程の努力をした覚えがない。
した事と言えば苦手なモリンガを飲み続けた事だけ。
なので、間違いなくモリンガのお陰だと思います。
体に良いと言われる食品を取る事で、これだけ効果を実感できるって珍しい。
ここまで効果が出るともう手放す事は出来ない。

オススメの飲み方

効果を実感できるモリンガ。
でも味が苦手過ぎて、飲む前に腹を括らないと飲む事が出来ません。
何とか飲み易く出来ないかと色々試行錯誤した結果の飲み方を2つご紹介!

モリンガ豆乳ドリンク(ヨーグルト風)

ドリンクとして飲むならこちらをおすすめです。
トロミがありお腹に溜まるので、朝ごはんの代わりにも!

材 料

豆乳150ml
アサイー酢(フルーツ酢)大匙2
モリンガパウダーティースプーン山盛り1杯
ジンジャーパウダー2振り

豆乳とお酢を混ぜる事でとろみがつき、パウダーの粉っぽさが軽減されます。
生姜パウダーを加える事でモリンガの風味が抑えられかなり飲み易くなります。

どうしてもモリンガが苦手な人向きの飲み方

私はどうも本当にモリンガの風味が苦手らしく、ヨーグルト風ドリンクで飲み易くなったとは言え飲む前にやはり腹を括らないと飲めない日が続いていたので、遂にオブラートに包んで飲む事に!

中身はこのような袋状になっています。
オブラートでは包みきれないだろうと踏み切れずにいましたが、今はこんな袋になっているオブラートがあったとは!無事に包み切る事が出来ました。

商品名の書いてある厚紙がオブラートフォルダーになっているので、そこにオブラートをセットしモリンガパウダーを入れ包めば出来上がり。

水を含んだ口に放り込み一気に飲み込む!
始めは上を向いて飲もうとしましたが、上を向くと口の中でオブラートがプカーっと浮いてしまい飲みにくいですが、前を向いて飲めば問題なく飲み込む事が出来ます。
しかし、大きいので上手に飲み込むには躊躇せず飲み込むのが重要。
躊躇してしまうとオブラートが破けて、モリンガパウダーが喉にべったり!なんて言うことにもなりかねませんのでご注意ください。
こんなにまでして飲みたいか?と言う感じですが、ここまで栄養価が高く効果を実感出来るとなると摂取して行きたい!
普段は好き嫌いなどあまりない方ですがこんなに苦手な味も珍しい。モリンガの味が苦手ではない方が羨ましいです。
少し前にデザインが一新された際、商品も変わったような気がします。
以前はかなりザラザラしていましたがその食感はなくなりました。
これは喜ばしい事ですが、味も苦味が和らいで香ばしさがまし、これはこれでとっても不味い!
そして効果がマイルドになった気がするので、以前は一日にティースプーン1杯でしたが、最近は毎食後ティースプーン1杯飲むようにすると以前と変わらぬ効果を得る事が出来ました。
空きっ腹にモリンガを入れると胃が痛くなってしまう事があるので注意して下さいね。

同じMRMからカプセルタイプも出ているのですが、以前試してみたらパウダータイプよりかなり効き目がマイルドだったので、コスパの関係からまたパウダーに戻りました。

今年の人間ドックを楽しみに、今後も飲み続けて行きたいと思います。

以上になります。
最後までお付き合い頂きありがとうございました!

コメント